2006年 01月 19日
小鬼と横濱
来年のことを言うと鬼が嗤う。

人の生命がそうであるように、終わりというものは、時としてある日、突然にやってくる。
ニコンの例を引き合いに出すまでもなく、僕たちが想像していた以上のスピードで
写真の世界では銀塩からデジタルへの移行が進んでいるのである。
いくらデジタルカメラが進歩しても写真撮影は趣味の要素が多いため、少なくとも5年や10年は
フィルムとデジタルが共存していくだろうと僕達は楽観的に捉えていた。
しかし、そう考えているのは僕達、一部のカメラ、写真マニアだけだったようだ。
フィルムカメラ自体は、例えば今日を限りに一切の新品が発売されなくなっても、そう困るもの
ではない。中古店に行けば、カメラはごまんと溢れているし、それよりもなによりも皆さん、
自宅にカメラをそれこそ売るほど抱えていることであろう。
しかしフィルムそのものが供給されなくなったら一大事である。自慢のカメラはただのオブジェと
化してしまうのだ。
ことによるとブローニフィルムよりも35mm判フィルムの方が早く終焉を迎えるかも知れない。
世間一般の大多数の人はもとより、プロカメラマンでさえも35mm判だったらデジタルカメラで
充分、いやデジタルの方が使い勝手、性能ともに良いと考えているからだ。
e0017053_21462237.jpg
e0017053_2147270.jpg
e0017053_21472424.jpg
ペルケオⅡ カラースコパー80mmF3.5 コニカミノルタ センチュリア Pro400

勘の良い諸兄は、何を今更、そんなことを・・・、ははーん、もしかしてkobakawaは詰まらん
屁理屈をこねて、また何かカメラを買う理由を探しているのだな、と思われたことでしょう。

そうです、いよいよ×××でも買ってやろうじゃないかと覚悟を決めたのでした(笑)。
正直言って、今まで×××の良さは内心認めつつも、まぁ×××なんぞは自分が歳をとって
重いカメラを持つことに苦痛になったら買えばいいや、体力があるうちはローライやマミヤで
頑張るぞ、と考えていました。
しか~し、その頃になるとマジでフイルムがなくなってそうな気配です。
カメラマニアのジジイ達の集まりで古き良き時代を語るとき、×××の話に加われないのは
シャクですからね(笑)。
[PR]

by kobakawa01 | 2006-01-19 22:40 | ペルケオⅡ


<< NETグループ写真展      どんど焼き >>