2006年 06月 30日
薄暮の坂、ピンクの少女
学生時代から神楽坂には縁がある。
二昔も前の話であるが、そのころ神楽坂下には「軽い心」というヘンな名前の喫茶店があって、
授業をサボった近辺の大学生達が一杯のコーヒーで長時間、とぐろを巻いていた。
その喫茶店は、潰れたキャバレーを改装したものだったらしく、店内はそこそこ広いのに薄暗くて
他の席の人の顔が見えづらく、女の子とのデートにはもってこいの場所であった。
一昨年から神楽坂の写真教室に通うようになり、月に一度とは言え、神楽坂詣でが復活したが
今ではもう坂下の飯田橋の駅から急坂を登っていくのが億劫となり、大江戸線の牛込神楽坂駅を
利用するようになってしまった。
軽い心はなくなり、重い体が顕れる。
せめて、撮る写真だけは重い題材に偏らず、遊び心を残したい。

e0017053_19381444.jpg
e0017053_19392085.jpg
e0017053_19393877.jpg
e0017053_1940080.jpg
ローライフレックス3.5F プラナー75mmF3.5 フジPN160NC
[PR]

by kobakawa01 | 2006-06-30 19:42 | ローライフレックス3.5F


<< 洋館への誘い      毘沙門天の提灯 >>