2007年 06月 27日
花・太陽・雨
しっとりと雨に濡れてこその紫陽花。
水滴が玉となって緑の葉の上をススッと滑り落ちていく一瞬が素敵である。
炎天下の真っ昼間に写真を撮ってもあまり絵になるものではない。
若い人は知らないだろうが、かの秋山庄太郎先生御存命の頃は
皆、霧吹き持参で花の写真を撮りに行ったものである(嘘)。

e0017053_23365045.jpg
e0017053_23371457.jpg
e0017053_23372984.jpg
e0017053_23374584.jpg
ブロニカSQ-Ai ZENZANON-PS50mmF3.5 PS110mmF4 フジPN160NH
[PR]

by kobakawa01 | 2007-06-27 23:39 | ブロニカSQ-Ai


<< オヤジ達の七夕      雨の?町田撮影会 >>