2008年 01月 12日
去年、最後に買ったモノ
前から欲しかったニコンF3のハイアイポイントファインダー付きを購入したのが昨年11月末である。
ニコンの35mm判一眼レフ機を所有するのは生まれて初めてだったので、手元に一本もレンズはなかった。
だからボディと同時に、「安かったから」という理由だけでニッコールAi35mmF2のレンズも手に入れた。
このレンズ、悪いレンズではない。明るいところでも暗いところでもよく写る。
たが当たり前に写りすぎて面白みに欠ける、という印象もあった。
なにより折角レンズ交換が出来るボディなのにレンズが一本しかないのは寂しすぎるではないか!
e0017053_17353974.jpg
e0017053_17361547.jpg
e0017053_17364020.jpg
ハッセルブラッド503CX C80mmF2.8 フジRVP100

年末の中古カメラ屋を渡り歩き、F3の次なるレンズにと買ったモノはプラナー80mmF2.8Cタイプと
ケンコー製のマウントアダプター(ハッセルレンズ→ニコンボディ)。
もとより邪道には違いないが、ニコンに付けるのが飽きたらこのように本来のハッセルのボディに
付けて撮影すればよいだけの話である。




e0017053_1823443.jpg
ニコンF3HP C80mmF2.8(マウントアダプター使用) DNPセンチュリア400

うーむ、どうなんだろ?
マウントアダプターを使う以上、判っていたこととはいえ決して使いやすいものではないし、
写りも期待したほどではないなぁ、という感じである。
やはり中判用のレンズは中判機で、35mm判ボディには専用に設計されたレンズを使うべきである。
ということで、先日の「今年、最初に買ったモノ」に続く。
[PR]

by kobakawa01 | 2008-01-12 18:19 | ハッセルブラッド503CX


<< 炎と煙そして竹に刺した団子の物語      今年、最初に買ったモノ >>