カテゴリ:マミヤC3( 12 )

2005年 11月 19日
C3、天に召される
先日アップした消防署と競馬賞跡の写真は120のポジフィルム2本分、
つまり24カット撮影した写真のうちの数枚であるが、その24カットのうち、
困ったことにカラ写りが3カット、二重露出が2カットも含まれていた。
C3のフィルム送りの機構が壊れているせいである。
ひとつの対象物はたとえポジフィルムの場合でも基本的にワンショットしか撮影しない
主義の僕としては、ちょっと痛い不具合率である。

もはやここまで!
と、中古カメラ店に行っては見たが、前から考えていたC330fやC330sは
いかんせん高価で手が出ない。
年末には家族をスキーに連れて行かなくてはならないので、これ以上自分の
オモチャにお金を費やすわけにはいかないのである。
そこで店の片隅に眠っていたC220の御指名とあいなる。
C3本体をジャンクとして引き取ってもらい、差額8千円で手に入れることができた。

でC220はというと、C3に比べてかなり軽くて、体感重量ローライフレックス3.5F並み。
コレはすごく嬉しい。
セルフコッキングではないため、フィルム巻き上げとは別にシャッターをチャージ
しなければならないのはC3と同じであるが、これは妥協しよう。
フィルム巻き上げは、C3がローライフレックスと同じく後ろから見てボディ右側面の
中央にある大きなクランクで廻す方式に対して、C220はローライコードの様なフィルム送り
ノブが右側面の上部に付いている。ただ、そのノブに折り畳み式の小さなクランクが取り付け
られているところがユニークである。たぶん、フィルム装填の時と撮り終わってフィルムを
巻き上げるときにクランクを引き出して廻す様に考えられているのだろう。
e0017053_2384213.jpg
マミヤC3 セコール55mmF4.5 コダックE100GP

皮肉にもこれがC3で撮影した、ほぼ最後のカット!
さよなら、C3。
[PR]

by kobakawa01 | 2005-11-19 23:20 | マミヤC3
2005年 11月 17日
夢の跡
横浜に名建築は数々あると思うが、僕の一番好きな建物は、根岸競馬場観覧席である。
荘厳、と言う言葉があてはまるかどうかは判らないが、見る人誰をも圧倒する迫力を持っている。
100年、200年残すべき文化遺産ではないだろうか。
e0017053_0102960.jpg
e0017053_010563.jpg
e0017053_011139.jpg
マミヤC3 セコール55mmF4.5 コダックE100GP
[PR]

by kobakawa01 | 2005-11-17 00:14 | マミヤC3
2005年 11月 16日
FIRE STATION No.5
横浜の根岸森林公園正面入口に隣接して、米軍基地及び米軍住宅の
消火活動を主な目的とした消防署がある。
初めてここを訪れたとき、日本の中のガイコクをまざまざと感じたものだ。
e0017053_19251213.jpg
e0017053_19254995.jpg
e0017053_19261388.jpg
e0017053_19263742.jpg
e0017053_19272572.jpg
e0017053_19274836.jpg
マミヤC3 セコール55mmF4.5 コダックE100GP


お忙しい中、こころよく撮影に応じてくれた消防士の方々に深く感謝いたします。
[PR]

by kobakawa01 | 2005-11-16 19:33 | マミヤC3
2005年 11月 11日
くらーり、夜
e0017053_19441520.jpg
e0017053_19444387.jpg
e0017053_1945352.jpg
マミヤC3 セコール105mmF3.5 フジネオパンプレスト400
[PR]

by kobakawa01 | 2005-11-11 19:47 | マミヤC3
2005年 11月 11日
のらーり、昼
e0017053_1918461.jpg
e0017053_19191930.jpg
e0017053_19193957.jpg
マミヤC3 セコール55mmF4.5 フジネオパンプレスト400

フードをつけて撮影すると、ファインダーの下側5分の1ほどの部分が
ケラれて見えませーん(笑)。
んで、不必要な自分の頭の影が写っていることに気づかないというオソマツ。
[PR]

by kobakawa01 | 2005-11-11 19:26 | マミヤC3
2005年 11月 03日
雑踏の105mm
セコール55mmの専用フードを探すために新宿に行った。
見つけ出すまでに何店も廻る覚悟をしていたのだが、なんのことはない
最初に入った店にそれはあった。しかもその店はC3と55mmそのものを買った
店だったのだ。
ボディとレンズを買ったときに、もう少し目を凝らせば二度手間を取らずに
済んだわけである。
専用フードは馬鹿でかく、レンズに装着すればまさに威容を誇る。
ただし他人から見たら異様の二文字に違いないだろうから、人前でこのフードを
装着してスナップ撮影するには、いま少し勇気が必要である。

で、軟弱な僕はついでに買ってしまった旧105mmにおとなしめのフードを
つけて、南口に向かう。
e0017053_010159.jpg
e0017053_0104521.jpg
e0017053_0111064.jpg
e0017053_011406.jpg
マミヤC3 セコール105mm F3.5 フジネオパンプレスト400
[PR]

by kobakawa01 | 2005-11-03 00:17 | マミヤC3
2005年 11月 02日
色付く街
薄曇の中、本郷で撮ったカラーネガはまったくもって納得できない出来で
あった。
もちろん僕の撮影技術が悪いことが一番の原因に違いないだろうし、
使用したフィルムやうちのフィルムスキャナー(EPSON F-3200)との相性も
あるだろう。

でリトライ。天気は快晴とはいえないが、そこそこ晴れていた。
e0017053_22255540.jpg
e0017053_22263246.jpg
e0017053_22271549.jpg
マミヤC3 セコール55mm F4.5 フジPN160NH

うーむ、どんなもんでしょ?
[PR]

by kobakawa01 | 2005-11-02 22:32 | マミヤC3
2005年 10月 31日
いつか見た猫
バンクーバー在住の日本の方からマミヤのCシリーズに対してコメントを
頂いた。あいにく「非公開」の設定となっていたため、詳しい内容は
申し上げられないが、この場を借りてお礼を述べさせていただきたい。
どうもありがとうございます。

考えてみると二眼レフ関係のHPやブログは、ローライフレックスに
関してのものやローライで撮影した写真が主体のものが多く、
他の二眼レフについてはなかなか話題に上りにくい。
もちろんローライフレックスの機能や写りは素晴らしく、僕もマミヤC3を
使うようになって、なおのことローライの良さを再確認することが出来た。

でもローライ以外の二眼レフにも良いところはたくさんあると思うし、
特にこのCシリーズはなによりユニークであり、使っていてオモシロイ。

e0017053_2122818.jpg
e0017053_21224373.jpg
e0017053_2123982.jpg
マミヤC3 セコール55mm F4.5 ネオパンプレスト400
[PR]

by kobakawa01 | 2005-10-31 21:46 | マミヤC3
2005年 10月 27日
金縛りの悪夢
C3はフィルム送りがセミオートマットのため、クランクを回すとフィルムが
巻き上げられ、所定の位置で止まる。そしてシャッターを切るとクランクの
ロックが解除されて、また巻き上げ可能な状態となる。

しかし、この筐体はちょうどフィルムの中程、6枚目か7枚目の当たりで
シャッターを切ってもクランクのロックが解除されず、にっちもさっちも行かなくなる
ことが頻発するのだ。

最初は凄く慌てた。
安物買いの銭失い、不吉な、そして何回も体験したイヤ~な言葉が頭をよぎる。
仕方がないのでそのコマは諦めて、何回かシャッターを切ってみると
何かの拍子でクランクのロックが解除され、再びフィルム送りが出来るようになった。

2回目に金縛り状態に陥ったとき、僕はふと考えた。そうだ、コイツには内部に
遮光板があるじゃん。ふたを閉めてシャッターを切れば今撮ったコマも無駄にならずに
済むわいな。ありがたや、C3。

こんなことでありがたがっても仕方がないのだが、暫くは騙し騙しコイツを使っていこう。
e0017053_2205956.jpg
このくらいの描写が出来れば、使えるレンズではないだろうか。
e0017053_2224393.jpg
e0017053_2231587.jpg
安田講堂  この大学の校風は、僕にはあわないので入学は遠慮しました。
マミヤC3 セコール55mm F4.5 ネオパンプレスト400

ここで手持ちのモノクロフィルムを使い切る。もともと小雨まじりの薄暗い天候であり
しかも夕暮れが近づいてきたのだが、モノは試しとフジのISO160のカラーネガで
撮影を続行したところ・・・

はっきり言ってダメじゃん、の結果でした。

セコール55mmの名誉のために後日、カラーネガで再チャレンジします。
[PR]

by kobakawa01 | 2005-10-27 22:14 | マミヤC3
2005年 10月 27日
ありがたき遮光板
マミヤフレックスCシリーズの最大の特徴は、レンズ交換が出来る
二眼レフであることだ。しかも撮影途中でのレンズ交換が可能であり、
ノブを回せばボディ内部から立ち上がる遮光板がテイクレンズの部分を
ふたをする仕組みとなっている。
ただし蛇腹を採用していることもあいまって、筐体は巨大化しており、
重さと言ったらあのローライフレックスがコンパクトカメラと思えるほどである。

僕が購入したのはシリーズ初期の方のC3型。
フィルム送りはスタートマークあわせのセミオートマットだが、
セルフコッキングではなく、クランクでフィルムを送った後、
シャッターをチャージしなければならない。

第1の罠
ローライフレックスを使い慣れてる身としては、ついシャッターチャージを
忘れてしまう。これは慣れるしかない。

第2の罠
二重露光防止装置が付いていない。
シャッターをチャージすれば一コマに何回でもシャッターを切ることが出来る。
(※御指摘により、C3型にも二重露光防止機能が付いていることが判りました。
ただ、僕の買ったC3は、そこのところが壊れてまして・・・)
前回の失敗写真がこれである。
防止するにはシャッターを切った後、すぐにクランクでフィルムを巻き上げる癖を
付けなければならない。

そして僕の買った個体はある重要な箇所が故障していたのだ。
e0017053_141943.jpg
e0017053_1571.jpg
やはり逆光には極めて弱い。
フード探しの旅が始まる。
e0017053_171527.jpg
マミヤC3 セコール55mm F4.5 ネオパンプレスト400
[PR]

by kobakawa01 | 2005-10-27 01:18 | マミヤC3