タグ:常滑 ( 6 ) タグの人気記事

2008年 12月 07日
陶彫のある商店街
Bコースの終着地、INAXライブミュージアムに到着。
折しも、山田脩二氏写真展『焼き物の街・常滑』が開催されていたので
それを見学。
市内のいたるところにあった煙突からもくもくと吐き出される黒煙。
60年代、高度経済成長期の常滑の街が力強く生きている人々と共に記録されている。

駅方面への帰り道は、『陶彫のある商店街』経由がお奨めだ。
商店街と言っても、ポツンポツンと食料品や生活雑貨の店が残っているだけだが
店や民家の軒先に制作者銘の付いた陶製の置物が飾られている。
ひとつひとつ眺めながら歩いていくのが面白い。

e0017053_0354870.jpg
e0017053_0362666.jpg
e0017053_037144.jpg
e0017053_0374744.jpg

e0017053_0382018.jpg
ローライフレックス3.5F プラナー75mmF3.5 コダック400TX


全国大学版画展

町田市立国際版画美術館では、第33回全国大学版画展が開催されている。
全国の美術芸術系の大学や学部の学生制作の選りすぐりの作品、250点以上が展示されている。
まさに圧巻のひとこと!
同時開催の学生による1000円均一版画(A4サイズ相当)チャリティー即売会も楽しい。

永年地元に住んでいながら、大学版画展を見に行くのは今回が初めてであった。
チャリティー即売会に出品される版画については、1点1000円という低額、
しかも売り上げの半分は慈善団体に寄付されるため、制作者の手に渡るのは
1点につき500円という少ない額である。
だから版画とは名ばかりの、インクジェットプリンターを多用したデジタルグラフィックが
大半を占めているのだろうと、僕は高をくくっていた。

しかし、僕の認識は間違えであった。
チャリティー用の小品とはいえ、どの作品も制作した学生は、すごく真面目に取り組んでいるのである。
エッチングやメゾチント等の技法を駆使した銅版画、カラフルなシルクスクリーンやリトグラフ、
素朴な味わいの木版画。
見ていて飽きることがない。
使用されている紙も版画用紙だけではなく、和紙、さらにはTシャツ等とアィデアや
独創性に富んでいる。
毎年、何点もオトナ買いするファンが多いことが頷ける。
かくいう僕も2点だけだが買わせていただいた。
そのうちの一枚は帰ってくるなり、部屋に飾ってあった僕撮影の写真と差し替え、額の中へ。
妻と娘の評判はすこぶる良い。

都内からはちょっと遠いかも知れないが(笑)、お近くの人はぜひ一度足をお運び下さい。
出来たらチャリティー版画を買ってあげて下さい。制作した学生さんのため、そして町田市のためにも!
[PR]

by kobakawa01 | 2008-12-07 00:51 | ローライフレックス3.5F
2008年 12月 06日
INAXへの道程
街を散策する前に常滑駅構内の観光案内所でパンフレットを貰う。
職員に、やきもの散歩道Bコースのことについて尋ねたところ
Aコースに比べると見処ろが散在しており、食事場所も少ないとの話であった。
しかも道が少々判りにくいらしい。
なるほどAコースBコース共通の出発点である陶磁器会館を離れて
暫くすると、パンフレット記載の地図を見ながら歩いていたはずなのに
ルートを外れてしまったことに気が付いた。
帰りの新幹線まで時間は優にあるし、冬とはいえ暖かい日射しの中
のんびりカメラを構えながら歩くとするか。

e0017053_0265916.jpg
e0017053_0273636.jpg
e0017053_028335.jpg
e0017053_0284874.jpg
e0017053_0291912.jpg
ローライフレックス3.5F プラナー75mmF3.5 コダック400TX
[PR]

by kobakawa01 | 2008-12-06 00:40 | ローライフレックス3.5F
2008年 12月 03日
紫外線が写るレンズ
先週の土曜日、例の会名古屋大会に参加。
昼間は大須でスナップ撮影
夜は名古屋駅近辺で3次会までの飲み会、楽しい1日だった。

次の日、カメラ仲間のひとりが郡上八幡まで足を伸ばすというので
僕も随行する予定であったが、一日一往復の名古屋・郡上八幡間の
帰りのバスだと東京へ戻る新幹線の時刻に間に合わないことが判明。
パックの安チケットだったため新幹線の切符を変更するわけにはいかず、
泣く泣く郡上八幡行きは諦めた。

それで日曜日はひとり常滑へ。
今回はやきもの散歩道Bコースを踏破できたので良し、としよう。

e0017053_23375822.jpg
e0017053_23382565.jpg
e0017053_23385413.jpg
e0017053_23391984.jpg
e0017053_23394399.jpg
ローライフレックス3.5F プラナー75mmF3.5 コダック400VC-3

名古屋土産に家族へは、名古屋コーチン使用の鳥ご飯の素。
自分へは、大須の某有名ディスカウントショップで見つけた中古引き伸ばしレンズ、
EL-NIKKOR 63mmF3.5と80mmF5.6。
どちらも1500円という低価格である。ますます名古屋が好きになった。
[PR]

by kobakawa01 | 2008-12-03 23:41 | ローライフレックス3.5F
2007年 10月 08日
通学路
常滑シリーズ最後。

e0017053_22452819.jpg
e0017053_2246748.jpg
e0017053_22463116.jpg
e0017053_22465240.jpg
ブロニカSQ-Ai ZENZANON-PS50mmF3.5 フジRVP100

自分の小学生の時の「つうがくろ」をふと思いだした。
原っぱ、田んぼ、道端の井戸水ポンプ・・・
時々空き地に紙芝居のオジサンが来て、水飴や型抜き菓子を売っていたね。
割り箸の先に付けた水飴を空気が混じって真っ白くなるまでこねくりまわしていたっけ。
ハッカの味がする型抜き菓子は、上手に型が抜ければもう一枚貰えたんだけど
僕はいつも最後の段階で失敗して口惜しい思いをしてた。
[PR]

by kobakawa01 | 2007-10-08 22:58 | ブロニカSQ-Ai
2007年 09月 30日
串団子を頬ばりながら
常滑散策その2。

e0017053_2238549.jpg
e0017053_22392357.jpg
e0017053_22394674.jpg
e0017053_2240453.jpg
ブロニカSQ-Ai ZENZANON-PS50mmF3.5 フジRVP100
[PR]

by kobakawa01 | 2007-09-30 22:45 | ブロニカSQ-Ai
2007年 09月 29日
やきもの散歩道
愛知県常滑市。朱泥の急須が有名な焼物の町である。
市内のいたるところには往時を偲ばせる古い窯場やレンガ製の煙突等が残されている。
特に「やきもの散歩道」と名付けられたコースは、観光客にもなかなかの人気で見どころが多い。

e0017053_011072.jpg
e0017053_0112413.jpg
e0017053_0393364.jpg
e0017053_0114021.jpg
ブロニカSQ-Ai ZENZANON-PS50mmF3.5 フジRVP100

「やきもの散歩道」は、およそ1.5kmのAコースと4kmに及ぶBコースがある。
私が歩いたのは短い方のAコースだった。次回訪れるときにはBコースを歩いてみよう。

吸いたくなる・・・
[PR]

by kobakawa01 | 2007-09-29 00:13 | ブロニカSQ-Ai