タグ:本郷 ( 4 ) タグの人気記事

2005年 12月 14日
佇む人
先週の土曜日、家の冷蔵庫にE100GPが1本だけ残っていたため、ローライを提げて
青山・表参道に向かう。
別に何を撮るあてもなく、ブラリと散歩気分である。
その日の写真の現像があがってきたのだが、気の抜けた撮影態度だったせいか、残念ながら
皆様に披露できるほどの写真は撮れていなかった。
でも、その日、僕にとっては一つの事件が起きた。何の気無しに初めて入った青山の小さな喫茶店で、
僕が中学高校の頃愛読していた、とある著名作家に偶然、出くわしたのである。

その人は和服に下駄履き姿で、元気良く喫茶店のドアを開けて入ってきた。歳の頃は70代初頭で
あろうか。手には近くの雑貨店で買ったらしい5個入りのティッシュペーパーの袋を提げていた。
最初、ちらりとその人の姿を見たとき、へぇ、地元の人なんだなくらいの印象しかなく、僕は
スポーツ新聞を読みながらコーヒーを啜っていた。
その人はおそらく定位置であろうカウンター席の一番隅に座り、喫茶店の女主人にアイスコーヒーを
注文する。
僕が座っていた席は、カウンターにすぐ近くのテーブル席であったため、その人と女主人の会話が
筒抜けである。
「そういえばこの前の文春に先生の書斎が載ってましたわ。立派ですねえ」
「いやぁ、あれは雑誌社のカメラマンが旨いんだ。来てもらえば判るけど大したものじゃないよ」
むむ、この人は文筆業らしい。それも週刊誌に載るほどの人物か!
たちまち興味が沸き、新聞を読み続ける振りをしながら、聞き耳を立て、その人の口ひげの生えた
横顔をチラリチラリと盗み見る。そういえばどこかで見た顔だ、いや待てよ、この近くに○×△◇と
大きく表札が書かれた家がある。最初、その表札を見たとき、僕の大好きな作家と同姓同名の
人の家だと思いこんでいたが、あの作家本人の家だったのか!
その人はアイスコーヒーをそそくさと飲み終え、当たり前のようにお金を支払い、女主人も
当たり前のように受け取っていた。
まったくもって当たり前の話であるが、僕にとっての作家のイメージは、「じゃあ、いつものように
○×出版社にツケといてくれたまえ」とか言いながら、領収書だけを受け取って帰る、だったので
ある。笑うな。

帰りしな、僕は喫茶店の女主人に聞いてみた。
「さっきの方、○×先生ですか?」
「ええ、このすぐ近くに住んでらっしゃるんですのよ。とってもいい人ですよ」
女主人はニッコリと微笑みながら答えてくれた。
e0017053_0361388.jpg
マミヤC3 セコール55mmF4.5 フジネオパンプレスト400
この写真は、残念ながら当日、青山で撮影したものではなく、10月にC3で撮影した東大・安田講堂。

さて、ここで問題。この作家とは誰でしょうか?
正解でも何もあげないけど(笑)。
[PR]

by kobakawa01 | 2005-12-14 00:58 | 過去写真館
2005年 10月 27日
金縛りの悪夢
C3はフィルム送りがセミオートマットのため、クランクを回すとフィルムが
巻き上げられ、所定の位置で止まる。そしてシャッターを切るとクランクの
ロックが解除されて、また巻き上げ可能な状態となる。

しかし、この筐体はちょうどフィルムの中程、6枚目か7枚目の当たりで
シャッターを切ってもクランクのロックが解除されず、にっちもさっちも行かなくなる
ことが頻発するのだ。

最初は凄く慌てた。
安物買いの銭失い、不吉な、そして何回も体験したイヤ~な言葉が頭をよぎる。
仕方がないのでそのコマは諦めて、何回かシャッターを切ってみると
何かの拍子でクランクのロックが解除され、再びフィルム送りが出来るようになった。

2回目に金縛り状態に陥ったとき、僕はふと考えた。そうだ、コイツには内部に
遮光板があるじゃん。ふたを閉めてシャッターを切れば今撮ったコマも無駄にならずに
済むわいな。ありがたや、C3。

こんなことでありがたがっても仕方がないのだが、暫くは騙し騙しコイツを使っていこう。
e0017053_2205956.jpg
このくらいの描写が出来れば、使えるレンズではないだろうか。
e0017053_2224393.jpg
e0017053_2231587.jpg
安田講堂  この大学の校風は、僕にはあわないので入学は遠慮しました。
マミヤC3 セコール55mm F4.5 ネオパンプレスト400

ここで手持ちのモノクロフィルムを使い切る。もともと小雨まじりの薄暗い天候であり
しかも夕暮れが近づいてきたのだが、モノは試しとフジのISO160のカラーネガで
撮影を続行したところ・・・

はっきり言ってダメじゃん、の結果でした。

セコール55mmの名誉のために後日、カラーネガで再チャレンジします。
[PR]

by kobakawa01 | 2005-10-27 22:14 | マミヤC3
2005年 10月 27日
ありがたき遮光板
マミヤフレックスCシリーズの最大の特徴は、レンズ交換が出来る
二眼レフであることだ。しかも撮影途中でのレンズ交換が可能であり、
ノブを回せばボディ内部から立ち上がる遮光板がテイクレンズの部分を
ふたをする仕組みとなっている。
ただし蛇腹を採用していることもあいまって、筐体は巨大化しており、
重さと言ったらあのローライフレックスがコンパクトカメラと思えるほどである。

僕が購入したのはシリーズ初期の方のC3型。
フィルム送りはスタートマークあわせのセミオートマットだが、
セルフコッキングではなく、クランクでフィルムを送った後、
シャッターをチャージしなければならない。

第1の罠
ローライフレックスを使い慣れてる身としては、ついシャッターチャージを
忘れてしまう。これは慣れるしかない。

第2の罠
二重露光防止装置が付いていない。
シャッターをチャージすれば一コマに何回でもシャッターを切ることが出来る。
(※御指摘により、C3型にも二重露光防止機能が付いていることが判りました。
ただ、僕の買ったC3は、そこのところが壊れてまして・・・)
前回の失敗写真がこれである。
防止するにはシャッターを切った後、すぐにクランクでフィルムを巻き上げる癖を
付けなければならない。

そして僕の買った個体はある重要な箇所が故障していたのだ。
e0017053_141943.jpg
e0017053_1571.jpg
やはり逆光には極めて弱い。
フード探しの旅が始まる。
e0017053_171527.jpg
マミヤC3 セコール55mm F4.5 ネオパンプレスト400
[PR]

by kobakawa01 | 2005-10-27 01:18 | マミヤC3
2005年 10月 26日
小雨の憂鬱
10月22日、写真仲間との本郷撮影会当日。
僕は空のカメラバッグを担いで少し早めに家を出た。
集合は都営地下鉄春日駅に午後1時半。新宿で1時間半の余裕がある計算だ。

先週末に新宿で中古カメラ店巡りをしたときにA堂にマミヤCシリーズ用の交換レンズ
セコール55mmが2本置いてあったのを覚えていた。
あとは適当なボディを探せばいい。C3かC220あたりだったら2万円くらいで買えるだろう。

もしなかったら?
そのときは某店の陳列棚の奥の方にひっそりと隠れているフジカ スーパー6を買えばいい。
画角はローライとかぶるが、距離計付きレンジファインダーのこのカメラもなかなかの名機だと
聞く。いざとなれば「写ルンです」だっていいさ。空のカメラバックは僕の決意だ。

新宿は南口で降りて、まずはLカメラへ。ここにはC3が置いてあった。1万5千円。
とりあえずボディの候補だ。
次にA堂へ。55mmレンズはあまり数がないと聞いていた。6×6で広角レンズを使いたいが
ためにローライ以上に重い二眼レフを買おうとしているのだから、肝心のレンズがなければ
話にならない。うん、先週と同じ位置に55mmが飾られている。3万4500円と3万7500円。
どちらのレンズをを選ぶかはボディを購入してからにしよう。

ガードをくぐり西口へ。
ヨドバシを通り過ぎ、靴屋の二階に上がっていく。おぉ、なんとC3が55mm付きで売っている
ではないか!しかも安いぜ、旦那。3万1500円とな!

C3、キミに決めた!
喜び勇んで僕は集合場所に向かったが、苦労はここから始まった。
e0017053_22464244.jpg
マミヤC3 セコール55mm F4.5 ネオパンプレスト400

なんとも不思議な写真。
人はこれを二重写しと呼ぶ。
[PR]

by kobakawa01 | 2005-10-26 22:58 | マミヤC3